裏日記 幸草香り 桜 待つ

2019-04-03 (水)

69B33532-9A3D-4488-85AB-384F8524E1AA.jpg

        🌸

 🌸

              🌸

      「春雨の花の枝より 流れ来ば  

   🌸  

             🌸    なほこそ濡れめ香もやうつると」

                       🌸     

         🌸                          🌸

                    🌸                             🌸

〜花の枝から滴るなら もっと濡れましょう     

                 花の香りが移るかも知れませんから〜

 

 

春を詠んだ 俳句や和歌等は

別れ  出会い  人想う背景多く

 

秋の物悲しさと違って  同じ別れを表現していても

愛おしさや 前向きな作風

 

とは言え  「また いつか」と別れても  淋しいですよねぇ

 

私 中野も  長ーい 理容師人生  お客様とは

出会って 別れて    別れて 出会って の 繰り返し

 

同じ様に 桜が 見れている事で  離れていても 共有していると 感じたいです

 

まだ  春らしからぬ日々続くも

 

「庭結  niwayui」さんから

                春風を届けて頂きました♩

 

             匂い桜   三椏  の  春告げる作品

 

「結びさんに ぴったりですよ」と   

7F1F426A-25E7-42F3-8AEB-0B5F4B9C628F.jpg

 

中国名で  「結香」の 三椏    

葉より先に 花をつけ  一足先に春を告げる様  

花が咲くとか

 

EEB0387F-8990-4D7B-8177-4644230C38D2.jpg

匂い桜は  まだ  蕾では  有るものの   

令和 元年までには  桜の香りを 放つでしょうか  

 

初めて春を迎える  結び

開花が待ち遠しい  中野です