頬の沈み 反発力

2018-09-24 (月)

A6433B8F-DC5D-49E8-9C9E-C96C9CD08C10.jpg 

↑  ビタミンC誘導体   パッケージから 出した時は  粉!?

肌へ 押し込むと …  しっとり  美白  コラーゲンの生成に

 

 08C0CF48-A6C0-4FDB-BF00-10C092C6C745.jpg

↑セフィーヌ  ナノミックシリーズ  肌導入され易いように 成分粒子を ナノ化し  セラミド等も配合  細胞活性成分 コエンザイムQ10で  エイジングケアにアプローチ

 

 

肌のハリ   良く耳にもする言葉でもあり  化粧品メーカーのテレビコマーシャル  でも  発信され

馴染み有る  「肌のハリ」

 

お肌を触った感じ  や  見た目から  ご自身の肌や  他者の肌を  ジャッジしますよね

 

当然の事ながら  私も 結びご来店のお客様へは

 

男女問わず  お顔そり前の  見た目での  お肌診断   「肌のハリ」を 確認させて頂き  

 

手から感じる  肌の健康診断をし  個々に適切なアプローチイメージから  実際の お手入れに はいります

 

お肌のハリ   は  肌表面の お手入れだけでは アプローチ出来ません

 

一生懸命  美容成分を 肌に塗っただけでは  効果を得るには 時間がかかり  反映し難いです

勿論  化粧品には 頼らないといけないのですが  

 

どう頼るのか? です

 

年齢と共に生産性が 減る  コラーゲン や ヒアルロン酸等 の導入は  質により 肌への入り込み憎さが有ります

 

美顔器等に 頼り 導入すると 入り込み易くなるのですが

 

化粧品の殆どは  肌の 古くなった角質に邪魔され 吸収率が 落ちてしまいます

 

まずは  産毛の除去  古い角質の除去  お顔そりから スタートです

 

男性も ヒゲを剃るだけでは  お顔全体の 産毛や角質の除去には ならないので  

額から 首まで  キレイに お顔そりをするのが 肌老化を 遅らせる事が 出来ます

 

代謝で 通常は 角質は 落ちるのですが  

年齢と共に 自分の力だけでは 角質が ムラに落ち  ゆで卵の殻を  つるんと剥くようには いかなくなり

 

剥きにくい ゆで卵の 薄皮が 残る様に  肌の角質も ムラになります

 

この状態で 残る角質が 古くなり シワや 艶のない肌状態になります

 

古い角質が 厚くなると  極端ですが  カカト  や  ヒジの 様な状態に似たものとなってしまいます

 

これでは  どれだけ  効果の有る 化粧品を使用し 美顔器を使っても 浸透率は 上がりません

 

まずは  しっかりと  要らない角質のみ  除去しましょう

産毛も 残っていては  化粧品浸透の邪魔をしてしまいます

 

産毛と角質を 取り去り  有効成分を 送り込み  肌のハリアップへと 繋ぎます

 

効果的な 成分は  

 

ビタミンC誘導体     ビタミンCを安定化したもので   導入する事で  自己代謝し コラーゲン生成に貢献します

 

レチノール    ビタミンAで  シワにアプローチします  ちりめんジワ等は  早い段階で 導入すると  効果的です  

 

ペプチド     アミノ酸ですが  正常な ターンオーバー (肌の生まれ変わり)に 貢献します

 

ヒアルロン酸       肌深部の 保湿貢献し  導入する事で コラーゲンの生成に 働きかけします   肌の中から ハリに 繋げます

 

セラミド       肌表面の 保湿に有効で  肌を柔らかくし  もっちりとした 肌へと 導きます

 

これらの 成分を配合した化粧品  若しくは  単体での化粧品は とても  肌のハリには 有効ですが

 

続ける事   勿体ながる事 無く  必要量 使用する事です

 

コラーゲンの導入については  

後に お伝えしようと 思いますが  

コラーゲン成分を 意識せず   コラーゲンの生成に 役立つ 美容成分を 肌へ送り込む事が  重要です

 

肌のハリ  ⇄   肌のたるみ   ⇄   法令線   

 

マイナスを 意識するのでは 無く  プラス思考で  肌手入れを していきましょう♩

 

今日の お肌のハリは? しっかり 鏡に映る ご自身を観察し  手で きちんと  確かめる

 

両手で しっかり  お顔を 包み  押してみましょう

 

肌は 反発しますか?  沈み込みは 左右 一緒ですか?

額  目元  アゴ  首までも  ハリ感を 感じますか?

 

今日の 自分と  昨日の自分に プラスな 違いを 感じ取る様にしましょう

 

お手入れが  しっかりと 続く  理由が  見つかるはずです♩